当機構について

 沿 革

 独立した工事監理者の職務が正しく機能しないために様々な建築トラブルが生じています。その原因が世間に認知され、また、問題の解決方法を模索するために、建築家 故 荻原幸雄氏の呼びかけにより、1998年6月に『建築よろず相談ネットワーク』が創設されました。
 以来、私たちは1300以上の建築WEB相談に対応し、各地で延べ150回以上の相談会も開催してきました。その他に、欠陥建築の調査、書籍の発行、欠陥分譲マンションの訴訟なき建替え等、多くの社会貢献もしてまいりました。

 これからの時代は少子高齢化やサスティナブル(持続可能)な社会構築に伴い、既存建物活用に係るトラブルも増えることが予想されます。また、建築技術の変化や高度化によって、建築士や弁護士に求められる活動もますます多様化すると考えられます。このような状況を背景として、私たちは有志のネットワーク活動の強化・発展を願って一般社団法人へ移行し、市民の利益のための明るい未来を目指してまいります。

・1998年(平成10年)有志の専業建築士により『建築よろず相談ネットワーク』設立。
・2013年(平成25年)『一般社団法人 建築よろず相談支援機構』設立。

 組 織

本部:〒181-0001 東京都三鷹市井の頭3丁目12番11号
連絡先 0422-24-8768 MAIL:info@yorozu.or.jp

理事長 :古賀保彦
副理事長:橋本賴幸
専務理事:関口啓介
理事  :山口雅克、津村泰夫、大内彰
監事  :畔上廣司、藤井修
参与  :堀住勝雄


 活動内容

■建築よろず相談会・WEB相談
 東京・大阪・名古屋・神戸・福岡・神奈川で住まいづくりの相談会を実施しています。
 また、1998年の創設以来、1,300以上の無料WEB相談に対応してまいりました。

■建築に関するセミナー・講演会の開催
 わたしたちは様々な相談や欠陥事例を目の当たりにしてきました。失敗を予防し、よりよい住まいづくりを目指すためのセミナーや講演会を開催しています。講師の依頼も受け付けております。

■建物調査・インスペクション業務、第三者工事チェック、現場撮影記録サービス
 欠陥・不具合調査、中古物件購入前の調査、住まいづくりの第三者工事チェック、欠陥予防の現場撮影記録サービスを行っています。

■建築設計・監理、コンサルティング業務
 当機構の各会員は自らの建築設計事務所を運営しています。相談、調査以外にも対応できることがたくさんありますので、是非ご活用ください。

■パートナーシップ業務
 メンバー間で連携し、相互の業務補完・セカンドオピニオンなどの利用が可能な業務ネットワークを構成しています。遠隔地での建築、事業の補完、など多方面でご活用いただけます。

■出版
 これまでの活動で得られた事例を元に、家づくりに役立つ書籍を発行しています。